マジメ時々くだらないブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS デンマーク・スウェーデンの旅(8) 〜 ストックホルム満喫

<<   作成日時 : 2015/06/27 11:43  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【旅行7日目】
昨日の雨が嘘のようにいい天気になりました。

画像
今日はガムラスタン、スカンセンそして遊覧船と一日盛りだくさんの予定。

画像
画像

画像
ガムラスタンまではバスで。
日本でも最近脚光を浴びはじめているBRTのような感じです。

画像
バスの利用者が多いと見えて連接バスが走っています。
日本でも幕張で走ってますが、つくば博の時に乗ったような記憶があります。

画像
外国のバスは日本のようなアナウンスがないので注意していないと降りそびれるといったような話を聞いていたんですが、アナウンスこそないもののモニターに案内が出ています。

画像
グスタフ3世の像の前でバスを降りればそこはガムラスタン。

画像
ストックホルム宮殿へ。

画像
着いたのはいいんだけど、まだ開館前。

画像
しばらくぶらぶら歩いて時間を潰すことにします。

ストックホルム大聖堂 (Storkyrkan)が隣にあったので入ってみることに。
画像

画像
ガムラスタンは13世紀に形成されたストックホルム最初の都市ですが、この教会も13世紀のもので、ストックホルム最古の教会です。

画像
10時開館。

画像
中を見て回ります。

画像
これはかつての宮殿の姿。
元々要塞であったが、17世紀末に火災によって崩壊してしまったとのこと。

火災に至った顛末も展示されていましたけど、21世紀まで不始末を語り継がれてしまう当事者には少々気の毒な感じすらします。

画像
かつての王族の生活スペース?も展示されています。
肉食獣が鹿を食い殺している絵がダイニングに飾られていますが、食欲増進効果はあるんでしょうかね...。

画像
朝食はこんなところで摂っていたそうですが、ちょっと暗すぎませんかねぇ。

とまぁ、極東の一般大衆には分かりづらい点もいくつかありました。

画像
画像
宝物館はこんな感じです。

画像
さて、ノーベル博物館へ。
日本人の姿はそんなに見ないのですが、ここはいっぱい。
阪急交通社のワッペンをつけたサンデー毎日な皆様が日本語で頑張って意思疎通を図ろうとしています。

画像
こちらは最新のお三方。
すっかりお馴染みですね。

画像
静岡県出身の天野先生。

画像
こちらiPS細胞の山中教授ですね。

画像
そしてこちらがSTAP細胞...
いや、前理化学研究所所長の野依氏でございます。
やはり、例の問題で最近の方が良く出ていたような気がします。

画像
かつて話題をさらった田中耕一さん。

子供の頃は「日本人でノーベル賞を取った人の名前を全員言え」なんていうと言えたものですが、最近は受賞される方がだいぶ増えましたので、そんな掛け合いすらなくなっちゃいましたね。

画像
全受賞者のカードが天井からぶら下がっているのですが、かなりの量になります。

画像
ランチは博物館のレストランで。
受章式の晩餐会で使われる食器が展示されています。
メダルチョコはお好きなだけってことなんですかね。

画像
空席待ちで多少待ってからサンドをオーダー
阪急交通社のワッペンをつけたおばさん達が割り込もうとしてたんですが、店員に阻止されてました。

画像
こちらがお目当てのノーベルアイス!
これも今回の旅行で狙っていた目玉の一つ。

メダルチョコも付いているのが嬉しいですね。

画像
ノーベル博物館に長居してしまいましたが、次へ。

画像
この均整の取れた街並み。
日本人から見ると羨ましい限りですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
デンマーク・スウェーデンの旅(8) 〜 ストックホルム満喫 マジメ時々くだらないブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる