マジメ時々くだらないブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS デンマーク・スウェーデンの旅(1) 〜 LCCのようなFSCで

<<   作成日時 : 2015/05/31 13:58   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

ブログの更新もだいぶ怠ってしまいました。

怠っている間の2月に結婚、4月に挙式をし、5月14日から新婚旅行に出掛けました。

旅行先として選んだのはデンマークとスウェーデン。
当初カナダを希望として出したところ、カナダ在住経験のある妻から即時却下。
変わって、北欧への旅が浮上しました。

旅行会社のツアーも計画はしたのですが、日系航空会社系は自社の就航地が中心で、JALのヘルシンキ線絡みでいくつかあった程度。一般の旅行会社も北欧というとフィンランド、スウェーデン、ノルウェー、デンマークの4カ国を全部見ようとする欲張りなツアーばかりで消化不良を起こしそうな雰囲気。

ですので、行き先をデンマークとスウェーデンに絞り、自分たちで旅程を組むことに決めました。

ひとつやってみたいと思っていたのが北欧らしい酪農や自然のある地方でのステイ。
結果的にこれが大正解でした。それはまた後で。

まず航空便の手配から。
日系航空会社で北欧へ飛ぶのはJALの成田-ヘルシンキ線のみ。路線網はロンドン、パリ、フランクフルトといったビジネス利用の多い都市が中心です。
直行便で飛べるのが、フィンエアとスカンジナビア航空。

最初の目的地をコペンハーゲンにしましたので、ここは無難にスカンジナビア航空を選択しました。

エコノミーのいちばん安いチケットで2名様20万円強。ブッキングクラスは一番下で、ANAのマイレージには積算できず、席も後ろの方しか選べませんが、安いのが魅力です。
とはいえ、中東経由で時間を掛けるのもゴメンですので、コストパフォーマンスは悪くはない....!?

小生の海外旅行は2度目。
学生の頃、ローマとパリに行って以来21年ぶりです。

そのパリからの帰りに成田エクスプレスに乗ろうとしたのですが、
普通車は全て満席で、デッキかグリーン車と言われたくらい混んでいたました。

ところが、今は羽田国際化による成田の地盤沈下と格安リムジンバスの台頭で閑古鳥が啼いているという話。

その成田エクスプレスを利用します。

画像

こんな案内もあって昔に比べて車両も良くなったと思うのですが、

画像

巷間いわれている通り、なかなか苦戦している様子。車内はガラガラでした。

画像

東京スカイツリーを横目に

画像

しかし、成田は何度行っても遠いですね。
昔、京成の普通の特急で行った時は延々と電車に乗ってるイメージでした。
それよりはマシですが。

成田は第1ターミナルへ。
あの不快な検問も3月で廃止になったようで、やっと普通の空港になったイメージです。

そして、スカンジナビア航空のカウンターに行くと...

画像

この行列。乗る前から思いやられます。

が、よーく見るとチェックイン済みのレーンが右に。
幸いオンラインチェックインをしてあったのでバゲッジドロップに直行。
プレミアムな体験ができました(笑)


成田で飛行機ウオッチング

しばし飛行機ウオッチング。

それにしても昔いっぱいいたB747がめっきり少なくなりました。
4発機の方が少数派。A380も実は初めて実物を見たのですが思ったほど存在感がない印象。

B787が増えているのも印象的。とはいえ、もう就航して4年になろうとしているんですよね。


OY-KBI

さて、本日はスカンジナビア航空984便に搭乗。
シップはA340-300、レジはOY-KBI。
「なんだか薄汚れてるね」と言う妻。

ネットでスカンジナビア航空(SK)の評判を調べたのですが、概して低評価。
アルコールは有料、ソフトドリンクも水、お茶、紅茶、コーヒー以外は途中から有料とのこと。
機材も古いようで、ビデオもオンデマンドではないとか。

まぁ、21年前は最新鋭機に乗ってもエコノミーにはモニターがありませんでしたからね。
それに比べればいいかも知れません。
....と言っておきながら、iPadにiTunesでレンタルした作品を入れておいたり、お菓子を買い込んだりしていたのでした(笑)


画像

スケジュールより10分遅れて搭乗開始。


画像

A340に乗るのは初めて。
4発エンジンのA340は経済性ではB777やA330に太刀打ちできず、クルーズスピードも遅いとのことで売れ行きはイマイチだったようですが、シベリア横断ルートを飛ぶのに4発機は頼もしい存在です。


画像

噂には聞いていましたが、激しくくたびれた機内です。
ガムテープで補修した座席って初めてみました。

スカンジナビア航空は数年前経営危機に陥ったそうで投資が出来なかった所為もあるのでしょう。
いくら何でもこれでは...ということになったのか、機内のリニューアルも進めているようですが、日本路線への就航は今年秋だとか。

それまではだましだまし使うんでしょう。


画像

モニターは画面が黄色く変色し、画面も色あせた感じ。

しかもナビゲーションや、機外カメラといったお楽しみコンテンツのチャンネルが映らない!
仕方ないので隣席の妻のモニターで見せてもらいます。


画像

正午前に成田空港16Rを離陸。
21年前にミラノまで飛んだ時はシベリアの管制制限が厳しく、成田の誘導路を40分近く彷徨い続けましたが、今回はそんなこともなくスムースに離陸できました。


画像

サービスをケチっているとの噂でしたが、エコノミークラス症候群対策で水はちゃんと座席の背にセットされていました。
まぁ、急病でダイバートにでもなればそのロスの方が大きいでしょうからね。


画像

カメラのライブ映像は見られませんが、A340のご紹介はちゃんと見られます。


画像

GPSロガ-が2つ。

白い方がいつも使っているソニーのもので、黒いのがiOS用のBad Elf。
ソニーのものは感度が悪く、以前飛行機に搭乗した時に電源を切り忘れたんですが、まったく測位できていませんでした。
ですのでBad Elfを用意してきましたが、予想に反して案外取れます。これならBadElfも要らなかったなと。

画像

GPSの座標を見ているとどんどん北上しているのが分かります。
日本海の上からは雲上の飛行になりました。


画像

今日の座席は右側の最後列。
後ろが壁なので気兼ねなくリクライニングできます。

機内は満席。前日SK984がフライトキャンセルになっていた所為もあるのかな。


画像

ちょうど映画が始まったので見ることに。
日本語対応の映画は1本だけ。小林薫主演の「深夜食堂」。
小林薫といえば今放映している「天皇の料理番」でも料理人の役ですし、大昔にNHKでやってた「イキのいい奴」というドラマでも寿司屋の大将をやっていたのが印象に残っていますので、小料理屋の主人というのははまり役ですね。

画像

お食事タイム。

機内食の選択肢はありません。

鶏の照り焼きがメイン。鶏肉が柔らかいのと照り焼きのあんかけの味が良くて、期待以上でした。
量もそれほど少ないとは思わず、ひたすらじっとしているだけの機内では最適な量だと思います。


画像

ちなみにウエルカムドリンクと食事の時はアルコールも含めてお茶・コーヒ類以外も無料のようで、白ワインをもらいました。
なかなかいい白ワインでした。


画像

眼下はシベリア。まだ冬の様相で少し春が訪れつつあるかなという印象です。飛行時間の4割くらいが北極圏を往くこのフライト。眼下の景色も楽しみなコンテンツのひとつです。


ちょっと寂しい軽食

日本時間で18:00前頃、成田を出て6時間くらいのところで軽食タイム。
サンド1個です。見た目は寂しいですが、でもこれ、意外に美味しかったです。

妻がモニターでゲームをしようとしていたら、なんか上手く動かないと。
確かにコントローラーのボタンが少しおかしいようです。

で、こちらの席のコントローラーと比べてみたら...
画像

なんすかこれ(笑)

その後、気を撮り直してゲームを始めようとしていましたが、モニターがフリーズしてしまい、コペンハーゲン到着まで逝ったままになってしまいました。

画像
画像
画像
画像

画像

成田を出て約7時間半。
ウラル山脈の北を通過しペチョラ海上空を飛行しています。
こちらは北極圏の海。氷に閉ざされていますが少しづつ氷が割れている様子が上空からでも分かります。

これは春の訪れなのか、それとも温暖化の影響なのか、私には分かりません。
が、近年北極海の氷が減り、北極海をいく船舶が増え、時間短縮や紛争地域を通らないことによるリスク軽減効果が出ているようです。

画像

日本時間の21:30頃、2度目の機内食がサーブされました。

1食めより軽い内容。パンとサラダ、チーズです。
サラダがなかなかいけました。

東西に長いロシアをやっと抜けて北欧へ。
フィンランド、スウェーデン上空からコペンハーゲン・カストラップ空港へ向けディセンドに入ります。
しかし雲が比較的多く、地上の様子は余りよく見えません。

地上が見えても地理感覚がイマイチなのでどこなのかよく分からないんですが....。


画像

こちらはもうデンマーク領だなと思ったんですが、最初はどこか分からず。

あとで調べたら、Helsingør(ヘルシンゲル)であることが分かりました。
岬の突端にあるのはクロンボー城。
翌日に期せずして行くことになるのですが、この時はまだ先の話。


画像
画像
画像

高度が低くなると街の様子が手に取るように見えるようになります。

人の営みが見えると、何か独特の感慨が生まれてきます。


画像
画像

984便は日本時間で22:50頃、コペンハーゲン・カストラップ空港に無事着陸。

空港は木材を多用したインテリアで落ち着いた雰囲気。
北欧らしさを早くも実感しますが、いつもならもう寝床でウトウトしている時間。

こうして北欧の8日間はスタートしました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
デンマーク・スウェーデンの旅(1) 〜 LCCのようなFSCで マジメ時々くだらないブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる